« 相場の世界も勝ち組と負け組の格差は広がる | トップページ | 久しぶりの取引とはならず »

2008年5月24日 (土)

灯油のストップ高

・小豆 日計り 2敗(-150)
・小豆 (5/22買玉)→11235平均売落(+55)
・小豆 08/10 買11260

 小豆を売ったり買ったりとばたついた挙句に結局は買って昨日と同様のポジションで終わった。事実上売買できるのは先限に限られるが、限月間による強弱感や内部要因の違いから良からぬ思惑まで芽生えてしまって心理的には微妙。商品先物の口座にて金と白金が買い越しになっているプレッシャーからかUSD/JPYを少しショートしたが、バカでかい資金を運用している訳でもないのでこのようなポジション取りもどうなのかと思う。

080523 ガソリンが1,000円前後下落したのに対し灯油は当限を除く5限月がストップ高。昨日利食った灯油の買い玉はシステムの玉で裁量の余地もなかったが、3連発のストップ高になるまでのイメージはなかった。12日にロスカットできているのだろうかと他人事ながら心配になってからも灯油とガソリンのサヤは更に5,000~6,000円程広がっているが、踏んだら終い(投げたら終い)を強要される者が取組に対して相当数でる(でた)のではないかと思う。
チャートは東京灯油日足

データ仮保存
東京ゴム10月限1分足
ガソリン11月限1分足

|

« 相場の世界も勝ち組と負け組の格差は広がる | トップページ | 久しぶりの取引とはならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相場の世界も勝ち組と負け組の格差は広がる | トップページ | 久しぶりの取引とはならず »