« 灯油だけ | トップページ | 東工、3月中の証拠金 »

2008年2月25日 (月)

ガソリンは高納会

・白金 08/12 日計り 14勝6敗
・小豆 (2/20買玉)→10120平均売落(+740)
・小豆 (2/20買玉)→9990一部売落(+640)
・小豆 08/07 売10250
・小豆 08/07 売9990

 FXや日経先物への目移りもあり、最近はその日によってやる事の内容やトレードスタイルにバラツキが大きすぎて、こんな事で良いのだろうかと思うが今日は朝から白金で日計り。今日は買(売)が有利とかの意識はあまりもたずの完全裁量であるが、売り出したら売りばかり、買い出したら買いばかりになる傾向にある。

どこで買ってどこで手仕舞い、どこで売ってどこで手仕舞ったかを図で完全に示そうとすると、分割手仕舞いあり、両建て状態ありでクモの巣のようになってしまうので、とにかく枚数に関わらず新規に約定したポイントだけを示してみたが、無意識に何らかのバイアスが掛かっているのだろう、今日は特に売り出したら売りばかり、買い出したら買いばかりとなる傾向が強かった。

080225 トラックレコード的なものは付けているが、白金の日計りのみを専門でやっている訳でもなく裁量度の幅が広いのでそれを分析して研究することはなかなか大変で疎かになっている。システム売買であれば過去取引の評価は比較的に楽なのであるが。1日の内に何度も売買を繰り返すような日計りの場合、結果的には初回のエントリーにすんなり利が乗ってきたか損切りになったかがポイントになっている事が多い。比率に関わらず売り買い両建てになってからは、たまに確定損益と値洗いを確認するだけで、あとはどう動けばどの程度の損益が生まれるかと、買い平均値と売り平均値を感覚に頼って大雑把に意識するだけで、結構適当に利食ったり新規に建てたりしている。暇なときはより正確な数値を出してみることもあるが。チャートは東京白金2月限2分足

勝っている時ほど気楽に適当に売買しているように思う。確定損益や値洗いがマイナスの時は、あと何円順行すれば元に戻るのようは意識が芽生え、固執した強引な取引になりがちで旨くいかない事が多い。ちなみに本日の勝ち平均と負け平均は同枚数固定に換算すると、ほぼ1:1だった。

ガソリンの納会は前日比4,320円高と一代最高値76,100円での納会。納会日にしてエクセルに表示させているグラフの価格目盛を振り切った。発会以降同じ日時に建てた3月売り-4月売りなどのセットを今日まで引っ張っていれば今日の一日で全滅。

データ仮保存
東京ゴム7月限1分足
ガソリン8月限1分足

|

« 灯油だけ | トップページ | 東工、3月中の証拠金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灯油だけ | トップページ | 東工、3月中の証拠金 »