« ガソリンは高納会 | トップページ | 新補の白金を買ったが »

2008年2月26日 (火)

東工、3月中の証拠金

・小豆 08/07 買10170→10090売落(-80)
・小豆 08/07 売10000→9900買落(+100)
・ガソリン 08/09 売78600→77740買落(+860)
・ガソリン 08/08 買78730→78250売落(-480)
・ガソリン (11/12売玉)→77520平均一部買落(-910)
・ガソリン (1/25買玉)→78180平均一部売落(+7580)
・小豆 (1/30売玉)→9770平均買落(-340)
・小豆 (2/25売玉)→10170買落(-180)
・小豆 08/07 売10090

 本日の取引はガソリン9月限-8月限のスプレッドと一部仕切り、小豆の一部仕切り&新規売りで、いずれも細かい売買で建玉のポジションはさほど変化なし。3月から東工の金(金ミニ)、白金、パラジウム、原油、ガソリン、灯油の本証拠金がアップするが、取引要綱からすれば妥当なところか?各商品の過去の証拠金が幾らだったかは変更回数が多くいちいち覚えていないが、金の13万5千円と白金の15万円は随分高くなったな~と感じる。個人的な都合だけでいえば本証拠金アップはあまり歓迎できない。

白金の制限値幅は300円となる。240円ストップを頻繁に付けていただけに、これも取引要綱からすれば妥当なところ。ただ、ついこの間までは120円だっただけに、極端な変化と諸内容の変更頻度にはやや戸惑いも感じる。

平成20年3月中の証拠金及び制限値段幅等(東工取)

データ仮保存
東京ゴム8月限1分足
ガソリン9月限1分足

|

« ガソリンは高納会 | トップページ | 新補の白金を買ったが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガソリンは高納会 | トップページ | 新補の白金を買ったが »