« 立会い時間延長の初日 | トップページ | 一ヶ月で2万も上げる時代がくるとは・・・ »

2008年1月 8日 (火)

東穀ザラバ商品のフル板

・ガソリン 日計り 6勝4敗(トータル+120)
・ゴム 日計り 3勝0敗 (トータル+6.8)
・小豆 (1/7売玉)→9340買落(+530)
・小豆 (1/7売玉)→9530買落(+80)
・小豆 08/06 買9540

080108  今日は相当に久しぶりになるが、寄付きから大引けまで日計りできる体制で休まずに相場をみていた。数社の取引員に注文を出しながら、どのモニターに何を映すか、どういうレイアウトにするか、どのパソコンでどこに注文を出せる体制にするかなど、色々と試していたらあっと言う間に大引けになった。注文の出しやすい店、チャート機能の優れた店、気配値などが見やすい店、各種細かい設定が可能な店など様々だが、なかなか能率的で違和感のない環境が整えられない。
画像はアラビカコーヒーの気配値

今日は7時間ビッシリ休まずに気配値やチャートを見ていたが、やはり後場には取引が閑散となる時間帯が2時間程度でてきそう。現在値の点滅頻度が少なく時間が止まっているかのような感覚を覚える。画像は本日3時ごろのアラビカコーヒー9月限の気配値表。6番限はもう少しマシだが5番限がこれではいささか酷すぎる。砂糖は多少マシだがアラビカと大差はなく五十歩百歩レベル。せっかくの東穀ザラバのフル板もこれでは猫に小判。ザラバ方式として成り立つのかと思う。

NON大豆の大引けは全限ストップ高。少々押しても1時間後に始まる次節にはいとも簡単に千円、2千円上げてくるような相場が続いているが、大相場期はこんなもの。都合上昨日は一般大豆を買ったが、実は既に去年から一般大豆は上がる気がしていない。12月半ば前からNONのほうを買いたいという気持ちはあったが、中途半端に売玉を持ってしまったこともありズルズルと静観してしまった。損失を出すとき・大利をとり損ねるときの心理状態の再確認としては思っていた授業料をオーバーしている。

データ仮保存
東京ゴム6月限1分足
ガソリン7月限ティック

|

« 立会い時間延長の初日 | トップページ | 一ヶ月で2万も上げる時代がくるとは・・・ »

コメント

このフル板画面はアイディーオー証券(日本ユニコム)のアクセスⅢプラスってやつです。
東工は上下5本づつしか見れませんがね。

東穀のザラバ商品も、もう少し活発に取引されていると使い道もあるんですが・・・

投稿: TTN | 2008年1月 9日 (水) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立会い時間延長の初日 | トップページ | 一ヶ月で2万も上げる時代がくるとは・・・ »