« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

2007年度・大納会

・本日の取引なし

071228  本日2007年度の大納会も取引は一切なし。NON大豆は今日も荒く結局は全限月がストップ高、全限月が一代新高値で締めてきた。一代棒では全限月が陽の大引坊主となり、発会後の経過日数がまだ少ない期先を除き、発会→28日現在で軒並みの限月で25,000円~30,000円超の上げ幅となっており、今年が如何に大相場だったかを物語っている。まさに穀物戦争状態。チャートはNON大豆の一代棒

現状では大発会に一体どんな値を付けてくるのかは予測もたたないが、荒い値動きが継続するのは必至で非常に興味深い。大発会早々からNON大豆に参戦するのであれば、来年の値が付くのを見てからではなく今のうちに計画を立てて絶対厳守のルールを決めておくのが良と思う。

年末が近づいてからバカバカしい売買も一部あったが、小豆が連騰してきてくれたのは有難い。バカバカしい売買をカバーしてくれた。

―12月28日現在の建玉―

・白金 08/02 買4479(3/19)
・銀 08/06 買432(8/20)
・東工ガソリン 08/05 売平均76610(11/12)
・NON大豆 08/06 売66580(11/29)
・一般大豆 08/08 買56680(11/29)
・東工ガソリン 08/06 買73550(12/4)
・東穀小豆 08/06 買8600(12/20)
・東穀小豆 08/06 買8780(12/26)
・東穀小豆 08/06 買8850(12/26)

データ仮保存
東京ゴム6月限1分足
ガソリン7月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月27日 (木)

久々に小豆が9,000円台

・本日の売買なし

071227_2  本日の取引は一切なし。荒い値動きが続いているNON大豆は本日も相変わらずで、限月・場節によっても大きくばらつき出しているが現在の状態では順当なこと。荒い値動き状態は来年に持ち越しそうだが、年初からどういう動きになるのか興味深い。今ではマイナー商品となってしまった小豆までもがこの所ひっそりと上げてきて先2本が9,000円台で引けた。NON大豆などと比べればショボく感じるが、4番・5番で350円高、先限で250円高はどれだけぶりだろう?純粋に相場をやっているような感覚が味わえて現状買いポジションの身としては何とも微笑ましい。
画像はNON/一般 大豆相場表

データ仮保存
東京ゴム6月限1分足
ガソリン7月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

無呼吸症候群で・・・

・小豆 08/06 売8750→8780買落(-30)
・小豆 (12/20買玉)→8750一部売落(+150)
・小豆 08/06 買8780
・小豆 08/06 買8850

 今日はゆっくり11時過ぎまで寝ていた。無呼吸症候群であることは判っているが、そのせいなのかどうしても起きれない日がよくある。昨夜に注文済みは小豆だけで、NON大豆は寄付きを見ながらと思っていたが既に前2節が終わっていた。もし寄りから見ていたら寄りは微妙だったが前2節では落としているところ。前3節~大引けで880円(6月限)上げて引けているが、この程度ならなんとも感じなくなっているあたりが恐ろしい。

一般大豆がストップ高(8月限)で、鞘はやや縮んだがこの程度では鞘変動無しに等しい。お蔭様で試し玉しか入れていないので、なかば開き直って本玉を入れていた時のことを想像して心理の変化を楽しんでいる状態にある。同じような状況や失敗は幾度となく経験しているが、引かされた玉を助けようとして泥沼にはまってしまう事ばかりが頭によぎる。

データ仮保存
東京ゴム6月限1分足
ガソリン7月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

全限全節ストップ高の大豆

・銀 (8/20買玉)→533.8平均一部売落(+101.8)
・灯油 (12/21売玉)→損切(-1920)

071225  本年度は基本的にもうやる気がないので今日は殆ど見ておらず最低限のことだけ。金曜日に建ててしまった売りたくもないシステム灯油の売玉は本日の全面高に伴い損切りとなった。この時期この建玉枚数になって1営業日でこれだけの損切り幅はなんとも馬鹿馬鹿しい思いがする。NON大豆は明日の大引け時点ではどんな値が付いているのか全くわからないが、取りあえず買い落ちの注文を入れてみた。この出来高なら仕切りは何枚かは約定するかもと思い、何枚約定した場合はあれこれ・・と手を練っていたが何のことはない、1枚も踏ませてもらえなかった。
画像はNON-GMO大豆 25日相場表

データ仮保存
東京ゴム6月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

新規は建てないつもりだったが

・灯油 08/06 売(システム)

 週末金曜日は通信機器のバージョンアップの工事が入っており、相場は一切なにもしないつもりであったが、ついつい灯油のシステム注文を出してしまい新規売りが約定。週末の外電は石油も貴金属も穀物も高く、為替は円安。このままいけば連休明けの国内は全面高で始まることが予想できるが止めておけばよかった。

071221 相変わらず荒いNON大豆は本格的な総踏み強要の始まりか?落とし損ねているNON売り-一般買いは、試し玉程度とはいえ値荒い損が目立ってきた、建玉が少なくなっているので尚更。年末、買いそびれ、でNONは深入りするつもりもなく今更何も考えていない。踏まされるなら踏む。
チャートはNON-GMO 6月限

データ仮保存
東京ゴム6月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

大商いのNON大豆

・ガソリン 08/06 (Dシステム)→損切(-100)
・小豆 (12/17買玉)→8520売落(+150)
・小豆 (12/18買玉)→8520平均売落(+100)
・アラビカ (12/19買玉)→24590平均売落(+450)
・小豆 08/06 買8600

 明日は午後に予定が入っており4連休となるかもしれないので、オーバーナイトの建玉は自粛、今日も大した売買はしていない。何ならこのまま大発会まで放っておいてもどうってことはない建玉になった。本日もNON大豆が荒い動きをしている。手元のチャートで見るとデータが正しければ10万枚超の出来高は上場来2度目、本日は過去最高の大商いだったが?

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

青天井のNON大豆

・ガソリン 08/06 買(Dシステム)→損切(-80)
・白金 (10/30売玉)→5236買落(+2)
・アラビカ (12/17売玉)→24140買落(+300)
・アラビカ 08/11 買24140

071219  今日も大した取引はなく、ガソリンのデイシステム、半ばシステムのアラビカのドテン買い、白金10月限の手仕舞いのみ。青天井状態となっているNON大豆は昨日のストップ安から一転して本日はストップ高で取引を終えた。切り替えしてくることは十分に予想可能で、昨日と本日前場の安いところは買いたい衝動に駆られたが、この時期になってまで新たな建て玉は持ちたくなく我慢した。我慢して損を免れることもあれば利益を取り損ねることもある。本日のストップ高は売り方には相当に堪えるのではないかと思う。明日以降年内は総踏み強要の場面の到来か?チャートはシカゴ大豆の日足

昨日の寄付きに小豆の買いが約定していたが、今日の昼になって玉が建っているのに気付いた。

―12月19日現在の建玉―

・白金 08/02 買4479(3/19)
・銀 08/06 買432(8/20)
・東工ガソリン 08/05 売平均76610(11/12)
・NON大豆 08/06 売66580(11/29)
・一般大豆 08/08 買56680(11/29)
・東工ガソリン 08/06 買73550(12/4)
・東穀小豆 08/05 買8370(12/17)
・東穀小豆 08/05 買8420(12/18)
・アラビカ 08/11 買24140(12/19)

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月18日 (火)

来年からの東工取

 今日は完全に売買なし、今年はもうバタバタするつもりはない。来年から東工取の取引時間が延長されることになっているが、有難いのか有難くないのかなんとも微妙。後場の5時間は長すぎてダレてしまいそうる。いっそうの事いづれ24時間取引になることを見据えると修正が必要なシステムもあり、来年からはいろんな面で取り組み方を変えていかなければならないとは感じている。やり易い時間帯だけを狙った日計りをメインにする事になるかもしれない。

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

止まらない大豆

・ガソリン 08/06 日計り 1勝3敗(トータル-180)
・アラビカ 08/11 買24530→2440売落(-90)
・アラビカ 08/11 売24490→24350買落(+140)
・小豆 08/05 売8320→8370買落(-50)
・白金 (3/19買玉)→5320一部売落(+841)
・銀 (7/6買玉)→509.8平均売落(+11.5)
・金 (7/24売玉)→2907平均買落(-226)
・ガソリン (8/27買玉)→70920平均売落(+14220)
・原油 (8/30売玉)→61810平均買落(-13330)
・アラビカ (12/13買玉)→24530売落(+140)
・アラビカ (12/14売玉)→24530買落(-160)
・小豆 (12/14買玉)→8320売落(-40)
・アラビカ 08/11 売24440
・小豆 08/05 買8370

 事実上今年の売買は終えているに等しいが、付き合い程度でガソリンを日計りして1勝3敗。アラビカではまた注文ミスがあり、今月は2日に1回以上なんらかの注文ミスを犯している。注文は残り少なくなった玉の手仕舞いだけにして、今年の取引は完全に終了して相場から離れたいのが本音だが、場が開いているとついつい売買をしてしまう。

今日から始まったCOMパスのリッチクライアント版ニューバージョンを色々と弄ってみたが、やはり使い辛い。このヘンテコな仕様のアプリでは、あくまでも個人的にではあるが相当にキメ細かな設定がない限りはしっくりとくるレイアウトも使い勝手も望めない。執行スピードも注文操作も悪くなかったので、本格的に日計り用として使えないかと期待していただけに残念。今月から事実上手数料が上がっているのも大きい。

071217 大豆は休みなく本日もストップ高を含む上昇。今年の大相場大賞はやはり大豆(NON-GMO)で決定。貴金属や石油にもいえるが、今や過去の値幅変動の感覚は全然当てにならない。システム売買にも影響はあり、創りによっては修正を余儀なくされるシステムも出てきている。
チャートは東京NON大豆月足

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

金曜日、INV@STのトレードツール

・灯油 日計り 3勝1敗(トータル+190)
・小豆 08/05 売8320→8360買落(-40)
・小豆 (12/13買玉)→8320売落(-50)
・小豆 (12/13買玉)→8320売落(-90)
・アラビカ (12/13買玉)→24370一部売落(-20)
・小豆 08/05 買8360
・アラビカ 08/11 売24370

 灯油の日計りは先限を建てたつもりが、限月別の気配値のレイアウトの都合上で4番限を建ててしまうというミスもあり、いざ建ってしまうと板が薄くて落とすのも大変。COMパスのリッチクライアント版が17日よりリニューアルとなるが、Newバージョンをインストールしてみて幻滅した。気に入らない点を挙げればキリがないが、せめて幾つかのレイアウトをタブで切り替えられるような機能は欲しかった。注文有効期限、ブラウザ版、if-done、oco、など、新たな機能も追加されたが、個人的には他社との併用なくしてはとても使えなく、ますますここでの注文は少なくなりそう。

071214 NON大豆と一般大豆の当限は去年なみとまではいかないが、10,000円をゆうに超えるサヤが開いての一般大豆の納会となった。現状ではこの程度のサヤで順当か?6月限-8月限は逃がしてもらえず因果玉になりつつある。”サブプライム「逆張り」で4480億円の利益=米ゴールドマン・サックス”というニュースが目に入ってきたが、この手の記事を見るたびにウンザリする。
チャートはNON大豆12月限-一般大豆12月限

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

ダメもとでNON大豆

・アラビカ (8/10売玉)→22980平均買落(+490)
・ガソリン (8/27買玉)→70690一部売落(+13990)
・原油 (8/30売玉)→61500一部買落(-13020)
・白金 (11/9売玉)→5157買落(+25)
・小豆 (12/7売玉)→8370買落(+60)
・小豆 (12/10売玉)→8370買落(+20)
・アラビカ (12/12売玉)→24390買落(-530)
・小豆 08/05 買8370
・小豆 08/05 買8410
・アラビカ 08/11 買24390

 本日は石油・穀物などストップ高が多く商品先物市場は概ね全面高。石油は大きく放れるならば上に放れる可能性の方がやや高いとはみれていたが、いきなりストップ高ないしストップ高近辺で寄付いた。こうなると状況を見ながらMAXの1割程度以下の枚数で玉を建てていかないと、相場というよりもギャンブルの要素のほうが上回ってしまう。

本日も手仕舞いがメインで、余程の事でもない限りは痛くも痒くもないレベルの建玉になった。NON大豆の当限を今日の上げ足りない分も含めて残り4営業日暴騰期待の買い注文を控えめに出してみたが、さすがに玉は一枚も入らなかった。

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

仕切り優先。日経平均先物

・ガソリン 08/06 売74160→73930平均買落(+230)
・アラビカ (8/10売玉)→22450平均一部買落(+980)
・白金 (11/9売玉)→5105買落(+31)
・小豆 (11/12買玉)→8240平均売落(+130)
・アラビカ (12/5買玉)→23850平均売落(+820)
・アラビカ (12/7買玉)→23860売落(+690)
・アラビカ 08/11 売23860

 既存の建玉は来年にジャンプする計画はないので手仕舞いがメイン。各建玉ともに枚数は減っているのでどうなろうと特に懸念はないが、4番限にまわってきた銀が面倒、ひっそりと落としていくしかない。4番限でこの流動性では今後は手を出す気にならない。NON大豆6月限-一般大豆8月限はやはりトントンでは逃げさせてもらえなかった。この時期に来て深入り参戦はしたくなく、試し玉程度しか残っていないので今日のところは静観。

071212 9月の上旬から日経225先物のシステムの実運用を開始しているが、3ヵ月半ほど経過した今日現在ではトレード回数53回、通算の損益はピンでプラス300万弱と過去の成績と比べて遜色はなく概ね順調。商品先物よりも日経225先物のほうを本格的に取引するほうが賢いのかもしれない。本日は安寄りで買い玉がロスカットにかかり玉無し。
画像は日経225先物エクイティカーブ

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

2連休となって売買無し。

 師走にもなると何かと個人的や家庭内の用があって本日も相場は休み。もっとも、今日はぐっすりと眠ってしまい目覚めたのが12時ではどうにもならない。最低限の注文は前日の夜に出しているが約定した注文は無し。2日間放っていたことになるが値洗いが大きく動くような建玉状態でもなく大した変動はなかった。

071211 現状の相場、特にガソリンなど、今の状態では利益を生み出すだけの引き出しを持ち合わせていないのも売買していない要因の一つ。引き出しが全くない訳でもなく仕掛け出来なくはないが少々エッジ不足。無理して玉を建てる必要もない。12月にもなると今年の取引は終わりという気分になるのは毎年のこと。
チャートは東京ガソリン先限つなぎ足

NON大豆-一般大豆の当限(12月限)は先月の末以降ストレートに6,000円ほどサヤを広げてきて、やはりかという印象。先限同士でなら仕掛けていても良かったようにも思うが、深入りしたくはないのでNON6月限-一般8月限は手抜け+アルファで一旦逃げてリセットしたいと思っているがどうなるか?

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

建て玉はほったらかしで・・

・小豆 08/05 売8390

 今日は買い物に出かけていたため相場は休み。朝注文した小豆の売りだけが約定していた。

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月 9日 (日)

大豆の鞘(サヤ)

・灯油 08/06 買69140→69820平均売落(+680)
・アラビカ 08/11 売23090→23170買落(-80)
・小豆 08/05 買 8450→8430売落(-20)
・銀 (7/6買玉)→520.4平均一部売落(+23)
・アラビカ (8/10売玉)→21900平均買落(+1570)
・中部ガソリン (11/30買玉)→72500売落(+1020)
・東京ガソリン (11/30売玉)→74570買落(-1170)
・小豆 (11/30買玉)→8450売落(+150)
・小豆 (12/3買玉)→8450売落(+100)
・アラビカ (12/6買玉)→23090売落(-130)
・アラビカ 08/11 買23170
・小豆 08/05 売8430

071207  とにかく今週はミス注文の連続や予期せぬトラブル等があって散々な1週間だった。週末金曜日は手仕舞いがメイン。残っているNON大豆売り-一般大豆買いのセットは逃げておこうと決めていたが、プラスで落とせるかマイナスになってしまうかの微妙な所だっただけに、僅かのことでも負トレードにはしたくないという心理が働いて次節、次節へと延ばしてしまい結局は手仕舞えずに終わった。9,900円の鞘での仕掛けが両銘柄の大引け時点では10,400円の鞘と拡大してしまい値洗いマイナス圏へ突入した。とどうなるかは週明けになってみない判らないが、試し玉程度の玉しか建てていないので勝ち負けなど拘らずに一旦逃げておきたかった。チャートはNON大豆6月限-一般大豆8月限の鞘(始値&終値)

日計りは、ガソリンに比べて想定以上に安く寄付きそうだったというだけの理由で、取りあえず寄付きで買ってみた灯油が功を奏してまずまずの利益となった。灯油を買う代わりにカソリンを売っていれば好結果は望めていなかっただけに、単についていたに過ぎない。

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

インターネット不通

・アラビカ 08/11 売23090→23220買落(-130)
・中部ガソリン (11/30買玉)→72500一部売落(-470)
・灯油 (12/3売玉)→67530買落(-240)
・灯油 (12/3買玉)→67740平均売落(-360)
・アラビカ (12/5買玉)→23090一部売落(+60)
・アラビカ 08/11 買23220

 今日は前場にかなりの数の注文をまとめて出そうとしていた時にいきなり通信が途切れる。光の機器交換の工事が入っていたのだが、連絡ミスによって用意する間もなくいきなり切られる羽目となった。工事の作業は1時間程で済む予定だったが、作業中に別の機器にも故障があったようで結局繋がったのは午後5時を過ぎてから。

予備のデジタル回線で繋ごうとするが、現在のライフスタイルではインターネットがいきなり不通になるような状況にたたされると想像以上にパニクってしまい、今すぐにも注文を済まさなければならない焦りもあって簡単な設定の切り替えさえ手間取ってしまう。やっとの事で繋がったのはいいが、昨今の必要データ受信量の増加のせいでISDN回線では全くの役不足だった。ログイン時にアプリの更新データを受信するだけでもかなりの時間がかり随分と待たされる。手遅れになった重要な注文あり、注文漏れあり、成り行きと指値を間違う注文ミスまでありと、散々な1日だった。

先月30日の注文ミスをきっかけにミスの連続と、先日の朝寝坊・今日の回線トラブルも加わり、ミス注文があったが為にその後の売買も微妙に変わって、タラレバになるが計算してみると通常通りにいっていた場合と比較してみると相当な損になっている。買いと売りの注文間違い等をしても、損になるか或いは逆に得で終れるかはその時の運しだいだが、今まで何千回、何万回と注文してきたトータルの結果がプラスになっている以上は注文ミスを犯した時の期待値はマイナスになる。

ガソリン販売(ENEOS)のシェアの高い、新日本石油(株)が11月29日に東京工業品取引所へ会員資格申請を行ったらしい。石油の先物市場に影響力を及ぼすのは必至。
新日本石油12月3日プレスリリース

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

揃ってチャタリング

・ガソリン 08/06 (Dシステム)→ 利食い(+210)
・ゴム 08/05 売267→265.2平均買落(+1.8)
・アラビカ 08/11 売22890→23030買落(-140)
・白金 (11/9売玉)→5053一部買落(+129)
・アラビカ (12/4買玉)→22890売落(-100)
・アラビカ 08/11 買23030

071205  本日の日計りは東京ゴムの売り。今日は天井圏での売りとはならずその後大きく上昇。ドテン買いしてその後の5円幅を取れていたなら非常に気分が良かったのだろうがそうも簡単にはいかない。もっとも最近は日計り回数もほとんどこなしておらず、チャート・板をじっと注視し続けている状態ではないが。建玉は殆ど変わりなし。
チャートは東京ゴム5月限2分足

日々いくつものデータをエクセルで扱っているが、最近になって軒並みに3つのマウスがチャタリングを起こしだし、行数が大量にあるデータをコピーする時など途中で選択が解除されてしまいイライラさせられることが多い。新しいマウスを買えば済むことだが、100円程度で売っているマイクロスイッチを交換するだけで直る症状なだけに、たとえ数千円程のものでも買うのが馬鹿馬鹿しく暇なときにでも部品交換しようと思っている。大きな金額になる経費は簡単にかけるが、なぜか小額の経費にはシビアになる。

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

大豆

・ガソリン 08/06 買平均73620→74130平均売落(+510)
・アラビカ 08/11 売22900→22990買落(-90)
・アラビカ (11/29買玉)→22900売落(+90)
・アラビカ 08/11 買22990
・ガソリン 08/06 買73550

 昨日買いと売りを間違えて約定していた灯油の売玉、ミス注文も約定してしまえばもう元には戻れないのでミスを認めてすぐ落とすのが正解なのであろうが、何とか損をカバーして無かった事にしたいという心理からミスに気づいた時には落とせずに本日は更に750円の逆行。今日の大引け時点ではミスの傷口をますます広げている。

071204 NON大豆12月限は3日で5,000円上げと、納会が近づき一般大豆との鞘変動も大きい。29日の大引け時点では去年の12月限なみの鞘は難しいと思ったが一般大豆の納会まであと8営業日、ここ3日間の勢いは去年並み、あるいはそれ以上の拡大さえあっても不思議でないように感じる。現状では微妙な位置だがどちらに動いてもその幅は大きくなりそう。東京と関西大豆の鞘取りができていた頃の玉締めを思い出す。
チャートはNON大豆-一般大豆 鞘

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (1)

2007年12月 3日 (月)

朝寝坊は大金の損

・ガソリン 08/06 (Dシステム)→ 損切(平均-220)
・ガソリン 08/06 (Dシステム2)→ 利食(平均+330)
・灯油 (11/28売玉)→利食(+1090)
・NON大豆 (11/29売玉)→66090買落(+560)
・一般大豆 (11/29買玉)→56880売落(+60)
・小豆 08/05 売8550
・灯油 08/06 売67290(ミス)
・灯油 08/06 買(システム)

 週末から風邪で体調を壊しているせいか、今日は朝寝坊してしまいパソコンの前に座って稼動させたのは9時45分頃。気が付くと800円程引かされた灯油の売り玉が建っている。今となっては確認することはできないが、昨夜出した注文に買い注文と売り注文を逆にしてしまうミスがあったとしか考えられない。金曜日に続いて痛恨の注文ミス。

この時点で800円の利の乗った買玉がある筈のところ800円引かされた売玉が建っており、本来予定の建玉からは1,600円の損。動揺してしまったのか、システムのストップ注文の指値まで間違えてしまい数百円も不利な値で約定し、1時間ほどで約2,000円幅もの損をしてしまう羽目になった。こうなると、どうするべきなのか一体何がしたいのかサッパリ分からなくなってくる。見かけ上はミスしていなかったときに比べて口座の数字が少々少ない表示をしているに過ぎないが、万札がギッシリ詰まった財布を無くしたに等しいと考えると今日のミス注文はショックが大きかった。相場でも相場以外でも、最近もう商品先物は止めろとでも言われているような事ばかり起こっている。

当分の間は引かされる想定もしていたが今の内なら深みにはまる前に降りられると思い、昨夜限りなく成り行きに近い甘い指値で注文しておいたNON大豆-一般大豆がやや逆行して一部約定。残りはもうすこし様子をみてみる。

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

USドル

・ゴム 08/05 日計り2勝0敗(トータル+1.4)
・小豆 (11/28買玉)→8600売落(-20)
・小豆 08/05 売8600
・中部ガソリン 08/06 買72970
・東京ガソリン 08/06 売73400

 30日の取引は、ゴムを日計りで前日と同じように高値圏からの売りと、小豆の新規&売落だけだった筈だが注文ミスにより意図しない余計な玉が建ってしまった。指値で注文したつもりが逆指値で注文してしまったらしい。日常的には4社程の取引員を使っているが、その4社以外の久しぶりにログインした口座のほうにも注文したくなり、中部ガソリンを指値買注文したつもりが操作ミスがあったようでこちらのほう口座だけ買い注文が約定していた。仕方がないので東京で売建て。大きなペナルティには繋がる事はないだろうが、中部だけにミス注文の手数料を払うのがバカバカしい。NON大豆と一般大豆は要領よくあぶく銭感覚で当日か翌日にでも利食っておくのが賢明だったか?

071130 米ドル/カナダドルはこの一ヶ月で等価水準にまで戻してきたが、まだまだリバウンド的戻りの範疇で(関連記事 10/910/2211/2)、世界の交易における米ドルのシェアも20数パーセントにまで落ち込み、もはや特別な世界の通貨の座から下ろされつつあり、単なる一国家の通貨に成り下がる流れにある。無論そんな非国益となる要素はなりふり構わず排除するのが建国以来のアメリカの国家戦略スタンスで、それは世界中が分かっている。
チャートは東京原油、USD/CAD 週足

東京原油とUSD/CADの週足チャートを縦に並べてみると、どちらか一方のチャートの上下を反転させたような逆相関の流れは崩れていない。

データ仮保存
東京ゴム5月限1分足
ガソリン6月限ティック

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »