« 有効額増加の頭落ち | トップページ | 原油の逆サヤ »

2007年9月12日 (水)

ガソリン 引けるまで終値はわからない

・ガソリン 08/03 売61130→60910買落(+220)
・ガソリン 08/03 売61080→60960買落(+120)
・小豆 (8/31売玉)→8050平均買落(+320)
・小豆 08/02 買8030
・小豆 08/02 買8080
・ガソリン 08/02 売59490
・ガソリン 08/03 買60600
・日経225先物 売(システム)

 金と原油の逆行・逆風が強く本日も有効額はマイナス。9月に入って8営業日中で7営業日でマイナスとなっている現実は真摯に受け止めて反省すべき点は反省しなければならない。小豆だけをチマチマと売買していたほうが労力に対するパフォーマンスがずっと高い状態なのはなんとも寂しい。

日計りは後場に入ってからガソリンで売りのエントリー機会が2回。先日はU社、本日はS社とシステムトラブルでログインできないことが多いが、S社は現状では常習犯と認定せざるをえない。微々たる預り金残高しか入っていないのでなく大勢に影響はないが、普段と違った環境では不安があり、前場の上昇場面では仕掛けられなかった。

070912 最近のガソリンは大引け前の数分間で上下に振れることが多く、引けてみるまで終値の予測が付かない。今日も欲張って大引け間際めで引っぱっていれば悲惨な結果になるところだった。勿論大引け間際まで引っぱって助かる事もあるが、3時20分以降とは出来ることなら関わりたくない。
チャートはガソリン3月限の2分足

データ仮保存
東京ゴム2月限1分足
ガソリン3月限ティック

|

« 有効額増加の頭落ち | トップページ | 原油の逆サヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有効額増加の頭落ち | トップページ | 原油の逆サヤ »