« 灯油とゴム指数が損切りか・・・ | トップページ | 日計りなし、寄付きだけの売買 »

2007年7月21日 (土)

情けない

・砂糖 (7/4売玉)→33440買落(-2120)
・砂糖 (7/17売玉)→33440買落(-850)
・ゴム指数 (7/19買玉)→利食い
・ゴム指数 08/01 買(システム)
・小豆 08/12 売8400

 本日の売買は、東京砂糖を全玉損切り、昨日のゴム指数を一部利食い、新たにゴム指数の新規買い、東京小豆の新規売り増し、以上。今週はとうとう1度も日計りをしていない。相場の成績には無論波は付きものだが、相場に対する姿勢や意気込みにもバイオリズムのような波があるようで、なかなか谷が深く長い。相場のない休日になると心に穴が開いたとでも言うのか、まったく気の抜けた心が退屈な状態になる感覚はここ数年は殆ど味わっていない。むしろ一般的なサラリーマンと同様に土日が待ち遠しい。

070720_2 魔が差さした売買というのをたまにやってしまうが、今回は本日損切りした砂糖。一代足では時期が微妙に違えど日足を見ると4月、5月、6月が底になっているのは明らかで、勿論チャートも見ていたが教科書的には買うべきところで売っている。去年の早春に大天井をつけて下落しだした頃から、相当に印象深く記憶に残っていたのか、2000年の値が3倍にも4倍にもなって左右対称形に近い大型の行って来いとなったナスダックの月足と被っていた。
チャートは東京砂糖先限日足

070720_1 原油の高騰など状況は変わっているが、動き出したらシツコイ砂糖。何か玉を建てたかった心境も手伝って軽い気持ちで8セント(約-15%)を狙う。正しく魔がさした。今回は4分六分でNYを重視していたが、魔がさした上にロスカットまで引っぱり、19日のNY砂糖の日足を見る限りでは、買玉があれば売り落としたくなるようなところで損切り買落とする羽目となり、最近の片張りとしては比較的に大きな損切り幅となった。逆行する間もある程度は他の商品でカバーできているので大きな痛手となっていないのは幸いだが、余計なポカが平均勝ち額に著しく悪影響するのが大きな痛手。
チャートはナスダックとNY砂糖の月足

―7月20日現在の建玉―

・白金 08/02 買4479(3/19)
・銀 08/06 買497.4(7/6)
・小豆 07/12 売8600(7/13)
・金 08/06 売2640(7/17)
・銀 08/06 買511(7/17)
・小豆 07/12 売8560(7/18)
・小豆 07/12 売8480(7/19)
・ゴム指数 08/01買(システム)(7/19)
・ゴム指数 08/01買(システム)(7/20)
・小豆 07/12 売8400(7/20)

データ仮保存
東京ゴム12月限1分足
ガソリン1月限ティック

|

« 灯油とゴム指数が損切りか・・・ | トップページ | 日計りなし、寄付きだけの売買 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灯油とゴム指数が損切りか・・・ | トップページ | 日計りなし、寄付きだけの売買 »