« 動かぬガソリンは大引け前に急落 | トップページ | 酷い黄砂 »

2007年4月 1日 (日)

取引要綱の変更 東穀・中部大阪

 東工とは違って東穀の商品はそう取引単位等の変更は無かったが、とうとう東京トウモロコシが4月16日に新甫発会する2008年5月限より倍率が100倍から50倍へと変更される。2006年初旬に底を打った取組高は、現在の大相場をもってもさほど増加してはいないが、そのトウモロコシの1割強程しかなく、上げ相場時に取組減少傾向にある小豆よりは随分ましか。変更当初は取りあえず見せ掛けの取組は増加するだろうが過去を振り返ると・・・、手数料は事実上の倍増。

中部大阪商取では今月から天然ゴム指数・TSR20・RSS3号の全限月の本証拠金基準額・値幅制限が増加・拡大される。東京ゴムの値幅制限10円に対して中部大阪ゴム指数の値幅制限3.5Pでは、近年の値上昇による大きなボラティリティ下では差があり過ぎ、ゴム指数のストップ高安の多発に(参考1参考2参考3)悩まされていただけに、通常値幅制限6Pへの拡大は一応有り難い。(4月2日は拡大の9P)

ただ、本証拠金53,000円から90,000円への増加は、トウモロコシの見せ掛けの増加とは反対に、只でさえ寂しい出来高・取組高の減少要素になる。

―投資関連商品PR―

林輝太郎氏のDVDが今月発売。現在トレーダーズショップにて予約受付中
DVD 林輝太郎が語る"成功への道"-酒田罫線法の歴史的背景と利用価値 (仮)

発送可能時期 4月4日
DVD ジョン・マーフィーの市場間分析入門

発送可能時期 4月2日
勝利の売買システム トレードステーションから学ぶ実践的売買プログラミング

5月26・27日セミナー早期割引
検証システム構築入門セミナー  5/26(土)・27(日)

商品先物トレード日誌・雑感 2007年3月

|

« 動かぬガソリンは大引け前に急落 | トップページ | 酷い黄砂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動かぬガソリンは大引け前に急落 | トップページ | 酷い黄砂 »