« 安寄り 後場上昇 | トップページ | 利幅を大きく削っての利食い »

2007年4月19日 (木)

白金売り・ゴムは前場に売れず

・ゴム 07/09 売294.4→294.6買落(-0.2)
・ゴム 07/09 売293.9→294.4買落(-0.5)
・ゴム 07/09 売294.1→294.7平均買落(-0.6)
・ゴム 07/09 売平均293.6→294.8買落(-1.2)
・ゴム 07/09 買294.1→294.2売落(+0.1)
・ゴム 07/09 買293.6→293.7平均売落(+0.1)
・ゴム 07/09 売294.1
・白金 08/02 売4860
・小豆 07/09 買い9240→9200売(-40)
・小豆 (4/19売玉)→9240買落(-30)
・小豆 07/09 売9200
・ゴム指数 07/10 売(システム)

 ゴムは直近数日間の状況と今日の前場の挙動を見ていて、今日あたり陰線ストップ安なり長い足をつけそうな事は既に前場の時点で頭によぎっていた。その思いは前引け前の30分間でより強いものとなったが、前引けまでの時間が短いのと、昼の空白の時間帯を嫌ってしまい、とうとう前場には売り建てられなかった。

070419 ギャップダウンした後場寄り以降に遅れながら売り始めたが、思惑していたよりも急落開始が遅く無駄なトレードを繰り返してしまっている。15分足で見てみると、赤帯あたりを割ってくると売りが加速しそうな重要なサポート価格帯であったというのが大方の見方であっただろうが、その上にある急落前の揉みは確率的にも売りに分が有り、売り建てた玉を落としているような所ではなかった。1分足と板を凝視して、あまりシビアなロスカットで売買をしていると逆にこういう時に取り損ねる事になったりしてしまう。枚数は少ないが、これで最後と思って急落前に売れた玉が建っているだけでも有難い。ゴム指数の売りが約定しそうにもない事もあって持ち越し。
右チャートはゴム15分足

070419_02 最近チャートの上ではゴムに似た波動となっている白金は、新高値をつけたものの高値からは92円急落しての大引けとなった。こちらは買い越しで十分な利乗り状態だったのでシビアになる必要もなく前場に売る事ができた。実際には2文だったが、いわゆる鬼より怖い1文新値を狙い持ち越してしまった。ゴムにしろ白金にしろ、デイトレードなのか短期なのか中期なのか、明確な区別のない建て玉になってしまっているのは芳しくない。砂糖は先日下落する前に損切りしてしまい、トウモロコシ・大豆・アラビカも手付かずになってしまっている。
左チャートは白金先限日足

小豆は今日も昨日書いた流れを継続。ゴム指数は値幅制限が変更されて以降ストップは付いていなかったが、今日はさすがにストップ安。2社に9月限の買玉が建っており、ロスカットを後場寄りの257.9より下に出していた為、後2以降に持ち越され、後2、大引けとストップ安で今日は1枚も仕切れていない。10月限の新規売りは後3で僅かに約定した。9月限の出来高は僅か33枚。昨日今日感じ始めたことではないが、近年の国内商品先物にはやや嫌気がさしてきている。

―4月19日現在の建玉―

・白金 08/02 買4479(3/19)
・白金 08/02 売4528(3/20)
・白金 08/02 買4575(3/28)
・白金 08/02 買4620(3/30)
・アラビカ 08/03 買22450(4/4)
・ゴム指数 07/09 買250.9(4/6)
・東京コーン 08/03 売27290(4/9)
・東京一般大豆 08/02 買44580(4/9)
・東京一般大豆 08/02 買43730(4/10)
・東京コーン 08/03 売27190(4/11)
・東京灯油 07/10 売(システム)(4/18)
・東京ゴム 07/09 売294.1(4/19)
・白金 08/02 売4860(4/19)
・東京小豆 07/09 売9200(4/19)
・ゴム指数 07/10 売(システム)(4/19)

データ仮保存
東京ゴム9月限1分足
ガソリン10月限ティック

|

« 安寄り 後場上昇 | トップページ | 利幅を大きく削っての利食い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安寄り 後場上昇 | トップページ | 利幅を大きく削っての利食い »